トップ 最新 追記

ORCA愉快日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|10|11|12|
2012|01|02|09|
2013|04|
Linux | PC | Ubuntu | kde | orca | scribus | その他 | りなざう | コミック | デジカメ | ネタ | 料理 | 旅行 | 航空 | 鉄道 | 音楽

2010-02-01 USB-LANアダプタBuffalo LUA3-U2-ATXを使ってLinuxをインストールする

_ [Linux] USB-LANアダプタBuffalo LUA3-U2-ATXを使ってLinuxをインストールする

最新のネットワークチップを積んだマシン等にLinuxをインストールしようとしても、
1.インストーラのカーネルが対応していないのでNICが認識しない → 2.インターネットからパッケージ等を取ってこれない → 3.最新のドライバをコンパイルしてインストールしようとしても、カーネルソース/ビルドツールをまとめて外部媒体から持ってくる必要がある
なんて堂々巡りに近い面倒くさいことになったりします。あえて古めのLinuxを利用する必要がある場合や、最新のハードウェアを利用しているので最新のカーネル/ドライバが必要な場合に遭遇することが多いですね。

このような場合には、古いカーネルでも認識するUSB-LANアダプタを利用してインストールすると楽に作業を行えます。
1.USB-LANアダプタを挿した状態でインストールを開始 → 2.NICの認識/インストールがうまくいったら最新のドライバなりカーネル/ビルドツールを取得して追加でインストール → 3.USB-LANアダプタを抜いて再起動、正常に動作するか確認
のような感じです。

私が利用しているものはBuffaloのLUA3-U2-ATXで、10/100Mbps対応のUSB-LANアダプタです。Debian Etch(カーネル2.6.18)でも動作していますので、最近のディストリビューションではほぼ確実に動作すると思います。実売で2000円弱ですので、インストール用やトラブルシューティング用に1本持っておくと重宝するでしょう。LUA3-U2-ATXはASIX AX88772チップを搭載しており、Linuxではasixモジュールが対応します。

ちなみに、LUA3-U2-ATXはUbuntu 9.04を採用しているSHARPのNetWalkerでも挿すだけで使えます。

追記:Ubuntu Serverのインストーラでは動かないという話が出ていたので内容を補足。

Buffalo - LUA3-U2-ATX
http://buffalo.jp/products/catalog/network/lua3-u2-atx/
ASIX - AX88772
http://www.asix.com.tw/products.php?op=pItemdetail&PItemID=86;71;101
ASIX - AX88772 ドライバダウンロード
http://www.asix.com.tw/download.php?sub=driverdetail&PItemID=86
  
□ LUA3-U2-ATXの概要
ASIX社のAX88772チップ搭載
10/100Mbps対応
  
□ Ubuntu 8.04にLUA3-U2-ATXを挿してみたときのdmesg
-------------------------------------------------
[416736.370813] usb 5-7: new high speed USB device using ehci_hcd and address 5
[416736.535486] usb 5-7: configuration #1 chosen from 1 choice
[416737.552991] eth1: register 'asix' at usb-0000:00:1d.7-7, ASIX AX88772 USB 2.0 Ethernet, 00:1d:73:12:34:56
[416737.553014] usbcore: registered new interface driver asix
-------------------------------------------------
MACアドレスのOUIが00:1D:73なので、Buffalo Inc.ですね。
  
□ モジュールの読み込み状況
-------------------------------------------------
$ lsmod | grep asix
asix                   14716  0 
usbnet                 17188  1 asix
mii                     5212  2 asix,usbnet
-------------------------------------------------
asixモジュールが読み込まれて、正常に動作しています。
  
□ lsusbの結果
------------------------------------------------------------
$ lsusb
Bus 001 Device 003: ID 0b95:7720 ASIX Electronics Corp. AX88772
(略)
------------------------------------------------------------
  
BuffaloのLUA3-U2-ATXは、USBデバイスのベンダIDがASIX社の表記のまま
だったので、ソース(asix.c)のベンダID/プロダクトIDがそのまま
使えて、古めのカーネルでもデフォルトで動作する。
  
他社のAX88772チップ採用の製品だと、ベンダID/プロダクトIDが登録されて
ないので、新しめのカーネルでないと対応してなかったりする。
(ID追加してコンパイルすりゃいいけど、鶏が先か卵が先かの話に..orz)
  
□ 対応カーネル
真面目に調べてないけど、changelogとかをざっと見た限りでは2.6.14カーネルのに
AX88772の記述があったので、それ以前のでも動くのかも。
最近だと、2.6.18より古いカーネルを使っているケースはかなり少ないので事実上問題ないはず。
もし古ければ、上記のASIX社のサイトからドライバダウンロードしてコンパイル&インストールする。
2.4系カーネルではUSB2.0に対応してないので、一応サポートしてない。
BUFFALO 10/100M USB2.0用 LANアダプタ (Wii、Wii U、MacBookAir動作確認済み) LUA3-U2-ATX

バッファロー
¥ 1,238

_ [Linux] 番外 :インストール時にLUA3-U2-ATXが利用できないディストリビューション

□ 番外 :インストール時にLUA3-U2-ATXが利用できないディストリビューション
  
Linuxディストリビューションによっては、インストーラにasixモジュール
等が含まれていないので、インストール時にLUA3-U2-ATXが認識しない
ことがあります。(例:Ubuntu 8.04 Server版)
その場合は、ネットワークデバイスのエラーをそのままにして
基本的なソフトウェアのみインストールを進め、再起動すれば良いでしょう。
  
再起動の時点で、カーネルモジュールが対応していれば
LUA3-U2-ATXが認識されてネットワークに繋がるようになるかと思います。
その後、各自で必要なパッケージ等をインストールしてください。
  
* Ubuntu Desktop 8.0.4.3のインストーラの場合
$ ls -1 /lib/modules/2.6.24-24-generic/kernel/drivers/net/usb/
asix.ko
catc.ko
cdc_ether.ko
cdc_subset.ko
dm9601.ko
gl620a.ko
kaweth.ko
mcs7830.ko
net1080.ko
pegasus.ko
plusb.ko
rndis_host.ko
rtl8150.ko
usbnet.ko
  
* Ubuntu Server 8.0.4.3のインストーラの場合
$ ls -1 /lib/modules/2.6.24-24-generic/kernel/drivers/net/usb/
catc.ko
kaweth.ko
pegasus.ko
rtl8150.ko
usbnet.ko

_ [Linux] USB-LANアダプタLUA3-U2-AGTをLinuxで使用する

Linuxで動くかどうか試すためにBuffaloのLUA3-U2-AGTを買って試した際のメモ。前回の日記とネタがかぶりまくりですw 最近物欲がないというか、欲しいものが業務系のわりと高価なものに偏っているので、おいそれと買い物するわけにいかないんですよね。ということで、物欲を満たすべくヨドバシでうろうろして見つけたのがこのネタ。最近のカーネル搭載したLinuxだと普通に動くし、ギガビット対応なので有線LANのないネットブックとかにいいかも。

Buffalo - LUA3-U2-AGT
http://buffalo.jp/products/catalog/network/lua3-u2-agt/
ASIX - AX88178
http://www.asix.com.tw/products.php?op=pItemdetail&PItemID=84;71;100&PLine=71
ASIX - AX88178 ドライバダウンロード
http://www.asix.com.tw/download.php?sub=driverdetail&PItemID=84
  
  
□ LUA3-U2-AGTの概要
ASIX社のAX88178チップ搭載
10/100/1000Mbps対応 (ギガビット対応)
  
□ Ubuntu 9.10にLUA3-U2-AGTを接続してみた
問題なくギガビットで接続できた。
asixモジュールが自動的に読み込まれる。
  
□ LUA3-U2-AGTを接続した際のdmesg出力
LUA3-U2-AGTはasixモジュールが対応しています。
------------------------------------------------------------
usb 1-1: new high speed USB device using ehci_hcd and address 3
usb 1-1: configuration #1 chosen from 1 choice
eth1: register 'asix' at usb-0000:00:1a.7-1, ASIX AX88178 USB 2.0 Ethernet, 00:1d:73:12:34:56
usbcore: registered new interface driver asix
udev: renamed network interface eth1 to eth2
------------------------------------------------------------
  
□ LUA3-U2-AGTのlsusb出力
------------------------------------------------------------
$ lsusb
Bus 001 Device 003: ID 0411:006e MelCo., Inc.
(略)
------------------------------------------------------------
ベンダID:04111でプロダクトID:006eで、Melco名義になってますね。
  
□ 対応カーネル
LUA3-U2-AGTは、おそらくカーネル2.6.26以降で動作。
Ubuntuなら8.10以降、DebianならLenny以降で対応。
  
USBのベンダID/プロダクトIDが、asixモジュールに含まれている必要が
ありますが、上記のID:04111:006e はBuffaloのLUA-U2-GTと同一なので
カーネル2.6.26で対応しているようです。
------------------------------------------------------------
./ChangeLog-2.6.26:    The USB net adapter Buffalo LUA-U2-GT (0411:006e) carries a AX88178 chip.
------------------------------------------------------------
  
ただし、他社のAX88178チップ搭載品だとベンダID/プロダクトIDが
対応してないので最新カーネルでも動かない、なんてことがあるかも。
asix.cにデバイスIDのエントリを追加してコンパイルすれば動かせるでしょうが。
(AX88178チップ自体はカーネル2.6.19以降で対応している)
  
□ 消費電流
LUA3-U2-AGTは、Buffaloの製品仕様を見ると最大380mAとなっており
lsusb -vでのMaxPowerの値も450mAとなっているので、見かけの割に
けっこう電気を食います。
USBハブ経由で他の機器と一緒に繋いでいたり、ノートパソコン等で
USBポートの電力が不足している場合は、動作が不安定になるかもしれません。
BUFFALO Giga対応 USB2.0用 LANアダプター LUA3-U2-AGT

バッファロー
¥ 1,627


2010-02-25 Debian環境でのlibpgsql-rubyの変更点メモ

_ [Linux] Debian環境でのlibpgsql-rubyの変更点メモ

RubyからPostgreSQLデータベースにアクセスするには、Ruby/DBIを利用する方法やActiveRecordといった方法もあるが、ruby-postgresやruby-pgを利用して直接操作する際のメモ。基本的にDebianパッケージベースでインストールしたときで、gemを使わない場合の話。

ruby-postgresは最近メンテナンスされていなかったので、ruby-pgに置き換わったらしい。しかしながら、ruby-pgでも日本語ドキュメントやサンプルがびみょーに古いままだったりするので、libpgsql-ruby1.8パッケージをインストールして、/usr/share/doc/libpgsql-ruby1.8/README.ja.gzを見ると逆にはまるかも。

□ libpgsql-ruby1.8パッケージのインストール
# aptitude install libpgsql-ruby1.8
  
□ libpgsql-ruby1.8のバージョン番号(2010/2時点)
Debian Etch0.7.1-10
Debian Lenny0.7.9.2008.03.18-2
Ubuntu 8.040.7.1-10build1
Ubuntu 8.100.7.9.2008.03.18-1
Ubuntu 9.040.7.9.2008.03.18-2
Ubuntu 9.100.8.0-1
□ requireで指定するモジュール名 require 'postgres' / require 'pg' のどちらの名前で指定するか
postgres pg
Debian Etch×
Debian Lenny×
Ubuntu 8.04×
Ubuntu 8.10×
Ubuntu 9.04×
Ubuntu 9.10×
□ PGConn クラスで connectの引数は5個/7個か?引数にハッシュ使えるか? PGconn.connect(pghost, pgport, pgoptions, pgtty, dbname) PGconn.connect(pghost, pgport, pgoptions, pgtty, dbname, login, passwd) PGconn.connect(:host=>host, :port=>port, :dbname=>dbname)
引数5個引数7個ハッシュ
Debian Etch×
Debian Lenny×
Ubuntu 8.04×
Ubuntu 8.10×
Ubuntu 9.04×
Ubuntu 9.10×
□ PGresult クラスにresultメソッドあるか? 戻り値 PGresultのインスタンス res.each{|item| p item} のitemのこと
resultメソッド戻り値
Debian Etch配列
Debian Lenny×ハッシュ
Ubuntu 8.04配列
Ubuntu 8.10×ハッシュ
Ubuntu 9.04×ハッシュ
Ubuntu 9.10×ハッシュ
PGlargeクラスはruby-pgではなくなっている模様 上記のテストで使ったサンプル ----------------------------------------------------- #!/usr/bin/ruby ## 2つのうち1つをコメント解除 require 'postgres' #require 'pg' host = nil port = nil dbname = 'postgres' sql = 'select * from pg_stat_database;' ## 3つのうち1つをコメント解除 conn = PGconn.connect(host, port, nil, nil, dbname) #conn = PGconn.connect(host, port, nil, nil, dbname, nil, nil) #conn = PGconn.connect(:host=>host, :port=>port, :dbname=>dbname) res = conn.exec(sql) conn.close ## 2つのうち1つをコメント解除 #p res.result res.each {|item| p item} -----------------------------------------------------

_ [料理] 買っていい食材 買ってはいけない食材のメモ

日経TrendyNetに掲載された、秋冬に美味しい食材の選び方記事。いわゆる、レタスは軽い方が美味しい、大根は根の出る穴がある方が美味しい、といった食材の選び方のコツですね。見ておくと参考になる点があると思うので、時季外れになりかけだけどメモ。

買っていい食材 いけない食材 魚編 (秋冬)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/lcs/20100104/1030687/
買っていい食材 いけない食材 野菜編 (秋冬)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/lcs/20100112/1030741/

トップ 最新 追記